「HAPINICE -ハピナイス-」の代表 林拓未(はやしたくみ)さんにお話をお伺いしてきました。 事務所に入ると、まず目に飛び込んでくるのが、たくさんの「お客様の声」。 同じ子育て世代として、ニーズをくみ取ってくれる、自分たちのことを考えてくれているという声が多く、たくさんのお客様からの信頼につながっていることが伝わってきます。 これからの「子育て世代」として、同じ若い世代の皆さんを応援していきたい。 家を建てて終わりじゃない、将来の生活を考えて、安く、いい家を提供したい。 お施主さんと一緒に、長い付き合いをしていきたい。アットホームな雰囲気の中、子育て世代の家づくりに対する思いを話していただきました。

子育て世代の家づくりお話をさせていただく中で、まず一番最初に出てきたことは、これから子育てをしていく若い世代が家を建てるときに、安く、いい家を提供していきたい。 国や地域の補助金をうまく活用して、ムリのない資金計画を組み、子育て世代の家づくりを応援したい、ということでした。

子育てに良い家は「子どもに良い家」これから子育てをしていく若者は、そんなにたくさんの貯金があるわけではない。家を建てることがゴールじゃない。今後の住宅ローンの支払いもある。子どもの教育資金も必要になってくる。そんな状況の中で、これからの子どもの成長も考えて、無理せず家づくりをしてほしい。 子どもの成長は、育つ環境次第。家事・育児をするママにとって快適で、家族を守るパパにとって癒しの場所であり、家族みんなが幸せに笑顔で暮らせる家を、将来のライフプランにあわせて考えること。それが、子どもにとっても良い家になる、と話していただきました。

ハピナイス

子どもの笑顔が一番、あったかい家族の幸せハピナイスとしての家づくりのこだわりは、健康、安全、そしてあったかい家族。林拓未さん自身も、お二人の娘さんと、息子さんがお一人いらっしゃいます。自分自身が、親となって子育てをする中で、自分たちが何をつくりたいのかを改めて考えるようになったといいます。自分たちが、お施主さんと一緒に、どういう家づくりをしていきたいのか。そう自問自答した結果、出てきた答えが、「子どもの笑顔を一番に考える、あったかい家族の幸せをつくりたい」ということでした。

同じ子育て世代だからこそできる、長いお付き合い林拓未さんも、お施主さんたちと同じ「子育て世代」です。
同世代だからこそできる、子育て目線でのプランニング。家事や育児に追われるママにとって、ストレスなく家事ができる動線。これから大きくなる子どもの将来を考えたプラン設計。家づくりとは、暮らしをつくること。20代~30代の若い世代の方に、同じ目線で、幸せな暮らしをつくるお手伝いをしていきたい。「HAPINICE -ハピナイス-」という屋号も、ここから生まれました。
同じ若い世代だからこそ、お施主さんと一緒になって考え、一緒に建てる。家づくりは、家を建てて終わりじゃない。お施主さんと一緒に年を重ね、一緒に長い付き合いをしていきたい。そんな思いが伝わってきました。

ハピナイス

安心の施工管理施工管理も、万全の体制を整えています。 ハピナイスの運営会社である林美建は、おじいさんの代から三代目にあたります。林拓未さん自身も、大工職人として10年間の修行を積んでいます。現在は、前社長であるお父様が、技術・現場をしっかり管理しています。 そして、大工はすべて自社の職人。一般的には、大工職人を他社に外注したりするケースが多くありますが、お施主様の希望をしっかり反映するための意思疎通・信頼・技術・品質の良さ・段取りを考え、自社大工にこだわり、責任をもって品質を維持しています。

ハピナイス

お客様と一緒に子育て世代として、同じ目線でお施主様の希望を聞き取り、高い技術・意識をもった大工職人が最高の家づくりをする。お客様と一緒に行うイベントも大切にしており、先日ももち投げをやり、大変喜んでいただけたとのことでした。 同じ子育て世代目線での家づくりに対する思いと、安心・信頼の技術が、ハピナイスの信頼につながっているということを強く感じました。これから、20代・30代の子育て世代で家づくりをお考えの方は、「HAPINICE -ハピナイス-」林拓未さんに、家づくりや子育てに対する思いや、夢や希望を、たくさんぶつけてみてください。

ハピナイス
社名

HAPINICE -ハピナイス-

住所〒440-0853 愛知県豊橋市佐藤4丁目4番地4
TEL0120-871-712
URLhttp://www.hbk8.com