もともとは大学で法学部に在籍していたという、東匠建設株式会社・代表取締役社長の伊藤 正樹さん。「お客様ごとにヒアリングして、一緒に考える家づくり」をしていきたいという想いから、注文住宅の世界へと舵を切ります。しかもその実力は、下請けで過去2000棟以上を手がけたという折り紙つきです。あらゆる現場を手がけた引き出しの多さで、お客様のご要望を叶えます。

人生の転機

建築業界に入るつもりは、最初はなかったんです

東匠建設の成り立ちは、地元のゼネコンに勤めていた父が独立したのが始まりです。その頃はバブルの最中で、建てたら建てただけ売れていったそうです。土地も10区画あれば、チラシを入れるだけで抽選になるほどと聞いています。公共事業の仕事も多く、今では信じられないような時代です。
しかしバブル崩壊後は、多くの企業と同様に左うちわとはいかなくなり始めます。

そんな中、私は大学生で法学部に在籍していました。建築業界に入るつもりは、最初はなかったんです。しかし家の都合もあり家業を継ぐことになった私は、人生の転換を迫られます。
そこで大学卒業後は建築の専門学校に入学し直し、名古屋の工務店に修行に出ました。様々な現場で場数を踏んだこの2年間は、いろいろな意味で鍛えていただきました。今考えると、バブルに浮かされることなく社会に出ることが出来たのは、逆によかったかなと思いますね。

2000棟以上を手がけた施工力

工務店のこだわりを押し付けるようなやり方ではなく、要求に対して柔軟に対応したい

東匠建設に戻ってからは、先代からお付き合いのあるゼネコンさんの下請け仕事の毎日でした。今でも年間50~60棟、これまで2000棟以上は施工させていただいています。様々な工法、間取り、細かい収まりや設備まで、あらゆる知識と経験を得ることが出来ました。
この実績を活かして、これからは注文住宅の受注に力を入れていきたいと思っています。私たちには基本仕様というものがないので、それぞれのお客様に合わせたプランを一から一緒に考えます。そこが注文住宅の良いところです。工務店のこだわりを押し付けるようなやり方ではなく、要求に対して柔軟に対応したいですね。

この辺りは夏暑く冬寒い土地柄ですので、「快適に過ごしたい」ということに重点を置く方が多いように感じます。そのためか、断熱材やサッシなど、詳しいお客様が多いも特徴です。中にはPCで図面を描いて来られる方もおられますし、その内容も少し手を加えればそのまま使えるほどの完成度だったりします。しかしその「少し手を加える部分」こそ、プロならではの視点が必要です。家族構成、間取り、好み・・・。いろんなお話を伺いながら、最適なプランニングを一緒に考えたいと思います。

一人のお客様に全力で

先日、平屋の家を建てさせていただいたのですが、このお施主様は最初からプランに関してもかなり固まっておられました。
ですが話をよく聞いてみると、当社に来ていただく前に他社さんと契約直前まで進んでおられたとのこと。そこでは間取りや仕様、設備まで決めた後、最後の最後で予算が全く折り合わないという事態が発覚したそうです。なぜそのようなことになるのか耳を疑うような話ですが、その会社はお客様の借り入れがどこまで可能か掴んでいたのだと思います。それで限界までローンを組むことを前提に話を進めていたのだろうと推察されました。

こういう理由でしたので、ご予算にあわせると実現できそうにないプランを削いでいく打ち合わせが続きます。結局、お客様のご要望の核となる部分まで諦めることに・・・。それでも最後のお引き渡しの際には、ご夫妻そろって涙をウルウルされていて、ほっと胸をなでおろしました。

特に奥様がこだわったのが、洗面台の造作です。参考イメージとしてある画像を見せていただいたのですが、どこのどういうものなのか調べても全くわかりませんでした。やむを得ず、既存の洗面台を購入して解体し、タイルを貼りなおしボウルを置いて、ワンオフものとして製作しました。気に入ってくださるか本当に心配でしたが、完成品をご覧になった奥様は大満足してくださいました。「ずっと洗面所にいたい」とのお言葉をいただいた時は、とても嬉しかったですね。
お客様のイメージをなんとか形にするため、手間を惜しまず頑張った甲斐がありました。

このお施主様もそうでしたが、多くのお客様がまず困るのが土地探しです。この辺りは意外と土地を新たに探すのが難しく、新たな空き地が出ません。「土地さえ決まれば当社で家を建てたい」というお客様を紹介していただいているのですが、ご希望の学区に空き地がない状態です。知り合いの不動産屋さんはすべて辿りましたし、エリアをくまなく歩いて売って頂ける土地がないかと回りましたが、ご満足いただける土地を見つけるのは厳しい現状でした。せっかく当社を選んで来てくださったご縁ですので、全力で向き合っていきたいですね。

情報発信を増やしていきたい

お客様からのご紹介で仕事が増えていくのは、とてもありがたいことです。完成した平屋の家は、お施主様のご厚意でオープンハウスとして開放させていただきました。「平屋」が珍しいのも手伝って、注目を集めたのだと思います。20組以上のお客様にご来場いただき、かなり好評だったと手応えを感じています。中にはかなり前向きにご興味を持っていただいた方も数組いらっしゃったので、次に繋げていきたいです。

オープンハウスは実際に東匠建設の建てた家をご覧いただく良い機会なのですが、その先のノウハウに不案内な部分があるのでさらに勉強していきたいですね。こと情報発信に関しては、ホームページとチラシに頼っているのが現状なので、そこはさらに改善していきたい部分です。もっともっと当社のことを知っていただき、お会い出来る機会を増やしていきたいと思います。

取材:2016年11月11日

社名

東匠建設株式会社

住所〒509-5141 岐阜県土岐市泉岩畑町2丁目39番地の1
TEL0572-55-7337
URLhttp://www.tousyo-k.com/