平成16年、愛媛県今治市の小学校の校庭で、放課後に、6年生の男子児童(満11歳)が蹴ったサッカーボールが外の道路に飛び出し、バイクで走ってきた85歳の男性が避けようとして転倒し、その後男性が亡くなったという事案について、最高裁判所は、平成27年4月9日、男子児童の両親の責任を認めた第1審、第2審の判断を覆し、被害者の遺族側の訴えを退けました。

民法712条は、未成年者が他人に損害を加えた場合に、「自己の行為の責任を弁識するに足りる知能」(事理弁識能力)を備えていなかったときは、その行為について賠償の責任を負わないと定めています。そして、民法714条1項は、未成年者が責任を負わない場合に、その監督義務者である親は、原則として、その損害を賠償する責任を負うが、例外として、監督義務者としての義務を怠らなかったとき、あるいは義務を怠らなくても損害が生ずべきであったときは、責任を免れる旨を定めています。

第1審と第2審は、男子児童の両親の責任を認める判断をしました。子どもの行為により事故が起きた場合であっても、被害を回復する必要があることはたしかですし、民法の規定は、親が責任を負うのを原則、責任を免れるのを例外としていますので、裁判例の傾向として、親の責任を認める判断につながりやすいということが指摘されてきました。

これに対し、最高裁判所は、子どもの行為が通常であれば危険がないもので、偶然起きてしまった事故の場合には、原則として、親は責任を免れるという趣旨の判断を示しました。その判断の根拠を詳しく見ていくと、次のとおりです。たしかに、男子児童の行為は、サッカーボールが道路に転がり出る可能性があり、通行者との関係で危険ではある。しかし、男子児童は、友人らと共に、放課後、開放されていた校庭で、使用可能な状態で設置されていたゴールに向けてフリーキックの練習をしていたのであり、そのような行為自体は、ゴールの後方に道路があったとしても、校庭の日常的な使用方法として通常の行為である。ゴールに向けてボールを蹴っても、常にボールが道路上に出るわけでもないし、わざと道路に向けてボールを蹴ったわけでもない。子どもの親(責任能力のない未成年者の親権者)は、その直接的な監視下にない子どもの行動について、人身に危険が及ばないように注意して行動するよう日頃から指導監督する義務があると解される。しかし、今回の行為は、通常は人身に危険が及ぶような行為であるとはいえない。また、日頃の指導監督は、ある程度一般的なものとならざるを得ないから、通常は人身に危険が及ぶものとはみられない行為によってたまたま人身に損害を生じさせた場合は、その行為について具体的に予見可能であるなど特別の事情が認められない限り、子に対する監督義務を尽くしていなかったとすべきではない。父母は、危険な行為に及ばないよう日頃から通常のしつけをしていたし、今回の事故に至った子どもの行為について具体的に予見可能であったとはいえないので、監督義務者としての義務を怠らなかったというべきである。

私見ですが、最高裁判所の判断は、子どもの行為が持つ客観的な危険性を基準にして、親の免責を認めたという点において妥当であり、市民感覚にも沿うように思います。また、いざ事故が起きたときに、自分の目の届くところにはいない子の行為について、常日頃の親としての「通常のしつけ」が問われるという意味でも、含蓄に富む事案ではないかと思います。

■弁護士法人古澤法律事務所|http://www.flo.ne.jp