関西電力管内にて電気料金平均15%程度の低下
電気料金が値下げされました!

関西電力の発表によると、H29年8月1日から関西電力管内の電気料金が平均4.29%の値下げが開始されました。家庭向けは平均3.15%、企業向けは平均4.9%となっており、平成27年6月以降の値上げ後と比較して平均15%程度の低下となりました。

今回の値下げは、平成27年6月の値上げ以降、燃料費調整により、すでに平均11%程度の値下がりをしており、今回の値下げと合わせて平均15%程度となった模様です。

平均15%程度の値下げが実現

「電気料金値下げ後の料金水準イメージ」

電気料金値下げ後の料金水準イメージ
値下げの影響額は、同社のWEBサイト内の「ご契約メニュー変更シュミレーション」により、現在の契約メニューにおける値下げ後の影響額が試算できます。
関西電力のご契約メニュー変更シュミレーションページはこちら( https://kepco.jp/ryokin/simu )