幸せの家 ~あったかいって幸せ~

こんにちは、ずぼら主婦、ぽえぽえくまです。
しあわせ~ってなんだっけ、なんだっけ~♪ これを知っている人!年代がばれます(笑)幸せってなんでしょうね。私は毛布にくるまって、ぬくぬくしているときが幸せです。
あったかいんだから~♪ あったか~いって幸せですね!
今回は高気密高断熱の家は幸せってお話です。


寒さを我慢しなくていい家

我が家は真冬でも毛布一枚であったかいです。
お風呂に入るときも、脱衣場で服を脱いでも寒くありません。夜中トイレに起きても寒くない!もちろん、玄関だって寒くない!真冬でも家の中どこでもTシャツ一枚でうろうろしています。かといって、エアコンがガンガンに効いているわけではなく。
それが我が家の「寒さを我慢しなくてもいい家」。
寒いのを我慢しなくても、昔みたいに半纏着こまなくても。百人のってもだいじょーぶい!(これも年代がばれる、笑。)
我慢しなくても、電気代も安い!懐もあったかい!さらには風邪もひきにくくなりました。ストーブやヒーターで一か所だけが暖かいのではなく、家全体が、壁が、柱が、天井が、すべてがあったかい。外が寒いなんて忘れるくらい、壁にくっついても冷たくないし、床だって床暖熱なくても冷たくない。

もちろん隙間風なんてありませんよ!高気密だから、寒い空気が入ったり、あったかい空気が逃げたりしないんです。こたつは好きなんですけどね、要らないんです、欲しないんです、寒い寒いって潜る必要がないんです。
まさに家の中は常春。
ただし、ついつい薄着で外出してしまって、慌てて戻ってくるときがあるので注意が必要です。以前はトイレなどの寒さから、外の寒さがなんとなく予想できていましたが、今は外に出ないと外が寒いなんてことがわかりません。なので最近では外気温をチェックしてから出かけるようにしています。

暖房がいらない家

ホテルなどは同じように全館暖房が効いてはいるのですが、暖房全開で温めているためか、寝ていると喉が渇きます。
みなさんも冬の朝起きて、喉が渇いて痛い、なんて経験はよくあると思いますが、そんなこともなくなりました。朝起きてすぐに発声練習ができるほど快調です(うるさいのでしないですけど、笑)。
そして、暖房を全開にすれば家の中は暖かくなりますが、外は寒いので気温差で窓にびっしり結露が…なんてことももちろんないです。
冬、寒くてお布団から出られない、なんてこともなくなりました(お布団からはすぐ出られるけど起きたくはないということはあります、笑)。
おかげで、冬は寒くて動けない、そんなぐうたら主婦の言い訳ができない家です!

実家へ帰ると、昔はこんな寒い家でそれが当たり前として住んでいたのだなと思うと、今の快適さに対する感動もひとしおです。

何度も言います。
あったかいって幸せ♪
これが高気密高断熱の家です。

written by ぽえぽえくま