夏が来るよ~

こんにちは、ずぼら主婦、ぽえぽえくまです。

夏!っていうと、なんとなく浮き足立ってくるのは私だけでしょうか?しかし夏と言えば暑いです!皆様は暑さ対策に何かされていますか?
最近ホームセンターへ行くと、日よけ用のタープがたくさん置いてあったりしますが、それも暑さ対策の一つですよね。グリーンカーテンも涼しげでいいですよね!エアコンや扇風機などの家電製品の買い替えなどを考えていらっしゃる方もいるでしょう。


エアコンで体がだるい

最近の家電製品は消費電力が少なくて済むようになっているので、古いものを使っているのであればぜひ、家電量販店で消費電力の違いを比べてみるのもいいと思います。

エアコンの使い方としては、一気に冷やしてから、その後は設定温度を上げてつけっぱなしのほうが実は電気代があまりかからないそうです。(ただし家の性能によって違いはあります)なぜならエアコンは冷やすときに一番電気代がかかるから。

なので、暑くなる→エアコンをつける→寒くなる→エアコンを消す→暑くなる→エアコンをつける………を繰り返す方が電気代はかかります。
だけど、エアコンをつけっぱなしだと体がだるくなる、と思っている方もいらっしゃると思います。ところが高気密高断熱の家ではエアコンはつけっぱなしでも体がだるくはなりません。体がだるくなるのは、体の疲れから来るものなので、そういうことからも家の性能によって体にかかってくる負担が違うということがわかると思います。

保冷用水筒のような家

さて。家さえ冷えてしまえば、あとは、エアコンはほぼ送風で済んでしまうので、電気代もあまりかかりません。高気密なので、外気の暑い空気も入ってきませんし、中の冷えた空気も逃げません。高断熱なので、外気の暑さも中に伝えにくく、ほぼ一定の室温を保ちます。
保冷用の水筒を思い浮かべてもらえるとわかりやすいと思います。ペットボトルの冷たいお茶と保冷用の水筒にいれた冷たいお茶。長く冷たく飲めるのはどちらでしょう?というのはすぐわかる答えですよね。

高気密高断熱になっていない家は、家自体が夏の暑さで熱くなってしまいますし、クーラーをつければ冷たい空気が外へ出て、消せば熱い空気が中に入ってきます。その状態で一定温度を保とうとクーラーをつけていることは、ペットボトルのお茶をずっと冷蔵庫に入れているのと同じです。その分電気代もかかりますし、過度に冷やし続けています。

後は湿度の問題もありますね。じめじめと湿度の高い日本の夏ですが、外気をシャットアウトしていれば家の中はさほどじめじめしませんが、外気が入ってくればもちろん湿気も入ってくるわけです。逆に湿度が低ければさらっとしていますから、体感温度も低いですし、結果、エアコンの温度を下げすぎなくてもよくなります。

やっぱり自分で体感するのがおすすめ

これから迎える梅雨。家干しの生乾きの匂い、気になりますよね!
最近では家干し用の洗剤なんていうのもありますが、やはりここでも高気密高断熱の家、そういったものを使わなくても生乾きの気になる匂いがあまり気になりません。
断熱材によっては、湿気を吸ったり吐いたりしてくれるものもあり、夏に吸って冬に吐くというように室内の湿度を調節してくれるものもあります。

ただ、私もそうだったのですが、やっぱり体感してみないと良さはわかりません。経験上、体感して一番違いが判るのは、真冬の一番寒い時期と、夏の一番暑い時期です。
これから暑くなるこの時期に、ぜひ、高気密高断熱の家の宿泊体験はいかがでしょうか!
夏休み、子どもをどこかへ連れて行きたいなんて方もお勧めですよ。
よそのお宅にお泊りなんて、わくわくするイベントですよ!宿泊体験もできて一石二鳥だと思いませんか!
モデルルームの見学だけでも楽しいですよ、ぜひお近くのモデルルームまで足を延ばしてみてください!

written by ぽえぽえくま

みてみてオープンハウス事務局

事務局スタッフ

〒466-0059 愛知県名古屋市昭和区福江3-6-32-7F
http://mitemite-openhouse.jp/about/info